有機野菜や自然栽培の産直宅配ならtoriii(トリー)

Home > カテゴリー検索 > 生産者一覧 > 生産者情報

ほおのき畑

主要品種の栽培スケジュール

1月2月 3月4月 5月6月 7月8月 9月10月 11月12月
大根・人参
かぶ
レタス
じゃがいも
小松菜・水菜
ルッコラ
キャベツ
茄子・バジル
トマト
ズッキーニ
カボチャ
きゅうり・たまねぎ

Farmer Profile

林田真人・里美

林田真人・里美

1983年生まれ。佐賀県出身。九州大学農学部を卒業後、民間企業へ就職するも大学時代から抱いていた農家となる夢を叶えるべく、2013年に大分県由布市で新規就農。妻里美と共に、「食卓を美味しく、楽しくしたい」をモットーに、無農薬・無化学肥料の野菜や米を栽培する。息子と娘の4人家族。

高い理念と誠実な人柄を兼ね備えたバランス派農家

 自然豊かな大分県由布市で無農薬のお野菜、お米をつくる林田さんご夫妻。食や農を取り巻く大きな課題に対して、自らのつくるこだわりの食材で、まずは食卓を楽しくすることで少しずつ課題を解決したいと熱く語られるおふたりからは、農業に懸ける高い理念がひしひしと伝わってきました。畑で採れた新鮮な人参を幼く可愛らしい娘さんがその場でボリボリと美味しそうに食べる光景が印象的でした。

上村 聖季

担当:上村

ーー林田さんが農業をやろうと思われた理由はなぜでしょうか?

真人:若気の至りじゃないんですけど、強い使命感みたいなところが大きかったですね。

里美:なんかないですか、そういう気持ち。

ーーあります。自分自身も使命感みたいなものを勝手に感じて起業したので(笑)。林田さんがお持ちになられている使命感とは具体的にどのようなものなのでしょうか?

真人:大学に入る前に、浪人していた期間があって。その時にとある本に出会ってしまったんですよ。「農は万年、亀のごとし」っていう・・・

もう大分前に亡くなられたと思うんですけど、京大の先生で渡部忠世という人が書いた本なのですが。

 それを読んで、なんかやっぱりみんな食べ物というものに対して、安易じゃないかなって思ったのと、日本の農業は急速に高齢化しているし、地方の集落も当時で400くらいが消えたというような実状をしって、これはやばいなぁって思ったんですよ。

 それで大学も農学部に入ったわけなのですが、大学の講義の中で有機農業についても新しい農業のやり方として、事例などがあげられていたんですよ。農協や市場流通を使わずに、既存の農業流通とは異なる農業として、将来的に有機農業は可能性があるんじゃないかというようなことが書いてあって、じゃあもう自分でとなったのがきっかけですね。

ーー素晴らしい使命感ですね!先ほど仰った有機農業の可能性について、林田さんが最も可能性を感じたのは有機農業のどのような部分だったのでしょうか?

真人:やはりなんと言ってもお客さんと直接コミュニケーションとりながら販売を行なうという部分ですね。今でこそ対面販売などは色々なところで行なわれて来るようになりましたが、当時はまだ農協から市場への流通が殆どで、生産者は農協へ出荷をしておしまいというような状況だったので。

ーー林田さんは、名門九州大学の農学部を出られていますが、農学部といっても林田さんのように実際に農業の生産に携わろうと考えている人たちは少なかったのではないでしょうか?

真人:まさにその通りですね。農業(生産)をしようと思って農学部に来る人は殆どいないので。たまにいるとすれば、実家が農家をやっているというような学生さんだけですね。

ーー林田さんは大学を卒業されて一度就職をされたと伺いました。

真人:在学中に生産者さんのところで就農研修などもさせてもらったのですが、就農について色々な人に相談したら、農業をやるにしても長期的にみたら一度どこかで働いてみた方が良いんじゃないかって言われて。

ーーたしかに中長期的に見ると視野が広がるという意味では農業にも必ずプラスになるような気がします。

里美:なので採用試験の面接のときから将来的に農業をやりたいということは会社の人にも伝えていたみたいなんです。

真人:そうだね。それで5年くらい経ったときに、農家として独立しようと思っていますって伝えたら、代表の方が何か会社としても一緒にやっていけないかなってことになって、色々とサポートを頂きながら就農をさせてもらいました。

ーーすごくありがたいお話ですね。林田さんの誠実さがそうしたお話を頂けた理由だったのではないでしょうか。

真人:すごくありがたかったですね。

ーーとはいえ、新規就農されて色々と大変なことばかりだったのではないかと思うのですが、一番大変だったことは何でしょうか?

里美:今だから笑って話せますが、当時はもう何もかもが大変でしたよ(笑)。生産の観点で言うと、耕作放棄地で木も草もボーボーに生えていたところを、数ヶ月かけて全て刈っていって。一番始めに借りていた土地は、元々田んぼだったこともあって、水はけが悪くて野菜が上手く育たなかったり、獣害なんかにも悩まされて、農作物をちょこちょこと育てて出荷するみたいな状態でした。

真人:農業に苦戦しながら当時はカフェもやっていたからね。

里美:そうそう。近くで廃校になっていた小学校の部屋を改装して・・・

カフェにしてくれて、地域の人も、そうじゃない人も、色々な人が集える場所を作ろうってなって。野菜の販売だけだと経済的にも大変なので、家庭科室を加工場にして加工品を作ったりもしました。

 私もゼロから立ち上げたりすることが好きだったから、しっかりと軌道に乗る仕掛けを考えていこうってことで、子どもや親子連れ向けにワークショップを開催したり、年に一回お祭りを企画したりしていました。そんなこんなで、色々な人に手伝ってもらって、なんかもう2年間くらい突っ走って・・・。そしたら結構体調が悪くなってしまって。

 当時は、上の子が幼稚園、下の子が1歳だったから保育園に預けて。もう朝から晩までメチャクチャ忙しくて、定期的に身体の具合も悪くなる中でとうとう私がバタンキューしてしまったんです。今でこそ農業も家も安定していますが、当時は本当にどちらも苦労しましたね。

ーー小さなお子さんをふたりも育てながらの新規就農は、やってみた人しか分からないご苦労があったと思います。

里美:だけど一方で、そのおかげで友達もたくさんできて、当時の私達の状況を見るに見かねて手助けしてくれたり、もうほんとに周りの友達と知り合いの人のおかげで苦しかった当時を乗り越えることが出来たと思っています。そういう方々がうちのお野菜のお客さんになってくれて、まずはそういうお客さん向けの「野菜セットに集中しよう」って決めました。

 毎日の生活が一番大切で、初めは子育ても仕事も誰にも頼らず自分で全部しようと思っていたら、身体を壊すし、やっぱり無理をしても続かないって思ったんですよ。今は畑の美味しい野菜を食べて、ぐっすり寝て、温泉に入って、農作業もパートさんと一緒に楽しくやって、元々目指していた生活をやっと送っているという感じですね。

 今はおいしい野菜をわりと安定して作れるようになってきたので、より沢山の人にうちの野菜を食べてもらいたいなって思っています。

ーーほおのき畑さんのお野菜セットは地域でとても人気があると伺いました。

里美:うちは基本的に野菜を「野菜セット」として提供させてもらっています。うちらの食卓、毎日が「美味しいね、最高やね」って自分で言っているんですけど、同じように、みんなの食卓を美味しく楽しくしたい。お客さんのところへ旬のお任せのお野菜を届けることで、家族みんなで楽しく食卓を囲んでもらえるお手伝いをしたい、ただそれだけですね。

 その時期、その時期の野菜の変化を感じてもらったり、野菜の素材の味をシンプルに味わってもらえたら嬉しいです。素材が良ければ、それほど料理に手間もかけなくて済むと思っています。

真人:そういう風に食卓にかける時間を大切にすることは重要だよね。

里美:あと例えば、グリンピースなんかで言うと、今はオーガニックのものでも・・・

冷凍加工されていて、鞘もすべて剥いてあってそのまま使えるものがスーパーで売ってます。でも、でも、「ああ、林田さんが作った豆が鞘ごと来た!じゃあ、せっかくだし子どもと一緒に剥いてみよう」って、忙しい日常の中で、敢えてそういう時間を持つことが、子どもとのかけがえのないひと時になったりする。

真人:そんな時間こそ大切よね。

里美:お客さんの中には、「子どもが畑したいち言い出した」とかいう声もあって、なんかそういう、プラスアルファの部分が感じてもらえるようなお野菜セットを届けたいなっていう想いが強いです。

ーーおふたりがそうした想いを持たれるようになった背景について教えてください。

真人:「僕たちは何を届けているのか」。実は、これは僕たちが農業を営む上で、常日頃から持ち続けている問いかけなんですよ。もちろん、表面的、物質的にはその時々のお野菜の詰め合わせをお届けしているんですが、僕らは「野菜セット」はあくまでツールであると考えています。

 「野菜が届いたら、必然的に台所に立つようになるよね。そして何かかんかおかずができて、家族で食卓を囲んで・・・っていう流れが半強制的にできちゃうね」

 「うちの母は料理もそんなに得意やないで、冷凍食品が大好きな人やったんやけど、こないだ実家に野菜セットを送ってもらったら「野菜が届くのを楽しみに思う自分が凄いと思った」と言いよって相当おかしかった(笑)」

 「子供が野菜のおかずを取り合うようになった!前までそんなことありえんやったんやけど」

 これらは、ほおのき畑のお客さんからの反応の一部です。僕らとしてはまさに「してやったり(笑)」、めっちゃ嬉しい反応です。

 野菜セットが届くことでもたらされる美味しくて楽しい時間、そして暮らしの中に引き起こされる変化、そういったものを届けていきたいと思っています。

ーーそれってお客さんにとってはすごく大きな変化ですね!!

真人:そうした想いの源泉には、先ほどもお話した通り、農業をやろうと思ったきっかけである、環境問題や行き過ぎた経済至上主義、消えゆく農村文化などへの想いがあります。「食」というものに対して日本全体が安易な方向に走っているように思えて、これは将来、大変なことになるんじゃないかっていう危機感を持っていたんです。

 ホントに簡単なところでいえば、日本はすごく沢山の量の食べ物を海外から輸入していて、お米の年間消費量と同じだけの量の食べ物を廃棄している訳なんですよ。そして、殆どの人がそれをなんとも思っていない訳です。

 でもそれって結局は、お金にものを言わせて海外から収奪しているとも言える訳で、かならずどこかにひずみがでるように思えてなりません。良く言われると思うのですが、ひとり一人の一つ一つの選択が未来を変えるんだっていう意識はすごく大切だと思っていて、買い物の仕方なんかもゆくゆくは変わっていくんじゃないかと思っています。

 そういう意味でも、家庭の台所から世界は変わっていくんだっていう風に思っていて、自分達の供給する野菜を通して、家庭の食卓で楽しい時間を持ってもらうことが何よりも大切だという意識を常に持ちながら自分達は農業をやっていますし、そういう生産者が増えていけば、もっと社会が面白くなるんじゃないかなって思ったりしています。

ーー林田さんの仰る通り、大きな流れは、ひとり一人の小さな活動の積み重ねから起きるものだと思います。

里美:台所から世の中が変わっていったらすごく良いですよね。一方で、結局選択しているのは消費者の方々なので、中々難しい部分もあると思いますけど、生産者として消費者の方が選びたくなるような選択肢を作り出せるようになると良いなと思いますね。

真人:出来ることなら、消費者の方ひとり一人がお抱え農家的な生産者を持っていれば、安心感もあるし、大きなところでいうと、日本の食料の安全保障にも繋がっていくんじゃないかと思っています。

ーーほおのき畑さんのポリシーがあれば教えてください。

真人:ただ単純に野菜を売っているんじゃないっていうのと、やっぱり旬の野菜セットを届けたいという想いはありますね。

里美:お客さんの所へうちの野菜が定期的に届くことで、「あ、もうこのお野菜が届いたね」、「大根が毎週ちょっとずつ大きくなってるね」みたいな、そんな会話が生まれると嬉しくて。

 すぐ近所の家なんですが、毎週野菜セット持って行くと、その場で「料理していい?」って5歳の女の子が言うんですよ。で、ササッて水洗いして、自分で味付けとか・・・

全部考えるんですよ。で、「帰るねー」って言ったら、「ちょっと待ってー、食べてってー」って言って。何度も言いますが5歳の子どもですよ(笑)

ーーすごいですね!きっとそうしたことが普段から習慣づいてるんですね。

里美:うちの子どもも二人とも、小さい頃から台所に立つし、一人でも色々作ったりするんですよ。その辺が私はなんかすごく豊かだなって思っていて。それは別に子どもだけじゃなくても、旦那さんでも良いし、奥さんでも良くて。

ーー届いた旬の食材をその場で、自分で調理してみることが大切ということですね。

真人:そうですね。シチューとかカレー作りたいってなったときに、じゃあジャガイモと玉ねぎと人参がいるから買いに行こうかではなくて、「あ、今玉ねぎがないね。ジャガイモ…あ、少ししおれているけどあるね。人参はまだあるねぇ」とか、「あ、でもカブがあるから今日はカブを入れてみようか」とか、その場にあるものを使って料理をつくることで意外な発見があったり、自然と受入れることっていうんですかね、そういうのが昔はあったと思うんですよ。だからメニューありきではなくて、野菜や食材ありきの食卓を各家庭で作ってほしいなって思っていて。

里美:そういう食卓づくりに役立ててほしくて、うちではこの野菜はこうやって食べたら美味しいよっていうことなども野菜ボックスに入れる紙のお便りで常に発信しているんですよ。

ーー栽培面で工夫されていることはありますか?

真人:たい肥に関しては、近所で手に入りやすいものを原料に使うようにしています。例えば、近所に牛や鶏を飼っている方がいるので、牛糞堆肥や鶏糞を頂いたり、落ち葉堆肥、植物性のぼかし肥料などを使用したりしています。作物によって生育期間も異なりますし、相性もありますので、ものによって、動物性堆肥を使ったり、植物性堆肥だけで栽培したりと、使い分けるようにしています。

ーーたしかに作物(作物の栽培期間)によって、遅効性の肥料が必要なのか、速効性の肥料が必要なのかは変わってくるのですが、そこまで考えて使い分けをしている生産者さんは多くないのではないでしょうか。

真人:そうですね。例えば、玉ねぎだと鶏糞たい肥との相性が良いように感じます。鶏糞とおがくずを切り返して作った堆肥をベースに、追肥で米ぬかなどを施肥します。逆に、生育期間が短い葉物野菜は、植物性のぼかし肥料を中心に使っています。

里美:他には、近所に知り合いのお茶屋さんがいて、その方がつくる草木堆肥を頂いて使用したりもしています。

真人:ほおのき畑では、無農薬・無化学肥料でお野菜を栽培していますが、個人的には、あまり農法を意識することはありません。「何々農法」と言ってしまった段階で、他者とは違う、うちは他者とは違うんだっていうような、なんと言うか生産者同士の間に壁みたいなものができちゃうので、それが残念だなって思うことが多くて。

 それって、大げさな言い方かもしれないんですけど、農業以外のところで起きていること、極端な話戦争なんかが起きる原因とかと根本的な部分では一緒なんじゃないかなって思っていて。それぞれが対立し合うというか。

里美:そういう意味では、知り合いのお米の生産者さんがすごい良いことを言っていたんですよ。「巷ではどこどこのお米が美味しいとかいろいろ言われるけど、お米作ってる人って、みんな「自分とこの米が一番美味しい」と思って作ってるよね。俺、それでいいと思うんよね~」。その感覚が一番しっくりくるんじゃないかなって個人的には思いますね。

ーー他のだれかと比べて、「どこどこよりも」美味しいという言い方ではなくて、自分のところのものは美味しいという事ですね。

真人:そうそう、皆が「うちのお米、野菜、くだものはすっごく美味しい」っていうような感覚ですね。

里美:先輩農家や近所の農家さんの野菜とかを食べると、「うわー!」ってなるときがあるんですよ。「こんな野菜作りたい!」みたいな感じで。そこのお野菜を目標にして、どういう風に作っているのかとか、栽培のポイントを聞きに伺ったりとか。

 やっぱり美味しい野菜を作っていきたいっていうのはすごくあって、常にそうやって「ああ、自分ちの野菜美味しいね」っていうような野菜を作りたいなと思いますね。

ーー今までにお客さんから言われた嬉しい言葉などはありますか?

里美:「畑がしたい」ってお客さんの子どもが言っていたのが私は一番記憶に残っていますね。その子は、息子の友達で毎週お野菜をお届けしている家庭なんだけどそこの子が「僕も畑がしたい」って。お父さんやお母さんに「畑のあるお家に引っ越そうよ」って言っていたみたいで。お母さんが何でって聞いたら、「だって自分で作った野菜って、絶対美味しいと思う」って答えたみたいなんですよ。

 畑や土いじりすることが楽しいことだよってことが、自分達のお野菜や活動を通じて子どもにも伝わっているんだと思うと、すごく嬉しいなって思って。今は昔と比べて食べ物をつくることがすごく遠くなっているので尚更ですね。

ーーたしかに、食べ物は買って食べることが当たり前になっていますし・・・

料理をしなくても食べられる、買いものに行かなくても気軽に外に食べにいけるようになったりしているからかもしれません。

里美:そうですよね。だからこそ、まず自分が食べるものを自分で育てて食べるっていう一昔前だったら当たり前だった根本的なことを感じてもらえるのが一番嬉しいですね。子どもだけじゃなくて、大人でも、「うちも脱サラして農業をやりたいんだ」って言う人も来たりしてね。

ーーそういうときはどのようにアドバイスされるんですか?

里美:すごく良いんじゃない。でも収入は今の方が絶対良いよって(笑)。でも自分達を見てそういう風に思ってくれる人たちがいるとすごくうれしいですね。

ーー真人さんは何か印象に残っていることはありますか?

真人:やっぱり、野菜やお米を子どもたちが喜んで食べていますっていう声が嬉しいですね。あとは、就農して間もない頃に、対面販売でカブを持って行ったのですが、たまたまお客さんが手に取ったカブの中に、ウサギが少しかじった歯形が付いていたものがあって、すぐに気づいて「ごめんなさい!取り替えますね」、って言ったら、「それ下さい!」って言われて。「ウサギがかじったんですか?可愛い~子どもに見せます!」って言って、喜んでいらっしゃったお客さんがいらっしゃいました。もちろん、それはオマケで差し上げたのですが、何かすごく面白いなって。

 もちろん、基本的にはウサギがかじったものは商品として並べることはしないのですが、その方の感性が素晴らしいなと思ったのもあるし、スーパーなどの普通のパック詰めの野菜だとそういう事件には出会わないだろうし、それって直接やり取りをするときの醍醐味かなって思って。

ーーそういうやり取りはたしかに生産者さんから直接購入する際の醍醐味ですよね。

真人:あとは、うちのパートさんが、「自分ちの食卓が変わった」って言ってくれたりして。以前、うちの息子が、お野菜の料理をバイキング形式に並べて食べてみたいって言い出して、おかず自体はいつもと変わらないけど、お皿、一皿、一皿に付箋をつけてホテルのバイキングみたいに並べて食べるのがすごく楽しくて盛り上がったんですよ。

里美:それをパートさんに話したら、早速パートさんもそれをやってみたみたいで。写真を撮って送ってくれて。そしたらなんか、いつもの食卓がこんなにも楽しくなるなんてって言ってくれて、そういう声が聞けるのが何よりも嬉しいよね。

真人:食は家族や大切な人との重要なコミュニケーションツールとなりえる存在だと思います。

ーー里美さんも元々農業にご興味があったのでしょうか?

里美:そうですね。私の場合は、はじめ戦争とか貧困とか、そういうものに衝撃を受けて。これだけ日本じゃ食べ物を捨てているのに、食べる物がないってどういうこと?みたいな感じで。そういう問題意識から大学での専攻も国際関係を選択していて、ずっと考え続けていたんです。

 そんなときに、人間にとって誰にでも共通する普遍的なことって「食」やとおもって。食を考えるなら、まず生産の部分を見ないとなって思って、大学4年生のときに同じゼミで国際関係のNGOをしている友人から「Agri-Project in 九州」っていう農業体験ができる活動を紹介してもらったのが農業に直接関わることになったきっかけですね。

 この人と出会ったのもその団体がきっかけでした。ふたりで、最初は・・・

サラリーマンをやりながら、30歳になったら農業をしようって話してて。そしたら意外に計画どおりちゃんと30歳になって就農できましたね。

ーー本日お伺いさせて頂いて、林田さんのご家族との関係や暮らし方がすごく良いなぁって純粋に思いました。

里美:薪でお風呂を沸かしたり、生ゴミを堆肥にしたり、動物を飼ったり、地元の人と仲が良かったり、子ども同士わーって家にきて遊んだり、そういう地に足のついた暮らしがしたいっていうのが私の昔からの夢で。仕事にしても、やっぱり、人に幸せというか、楽しいことを伝えていけるようなことが一番だろうなって。皆に喜んでもらえることが仕事としては一番嬉しいじゃないですか。